熊本の司法書士・行政書士まつむら・まつなが事務所です 2

熊本の司法書士・行政書士まつむら・まつなが事務所です 1(https://mm-nankanoffice1.com/)も宜しくお願いします!

差別ではなくて区別ですよという流れから考えてみました


anond.hatelabo.jp

わたしは、「女性専用車両は、差別ではなく区別である、でいいんじゃないか?」という考えなのですが、ちょっと考えてみました。

なお、増田さんは、アノニマスダイアリー(株式会社はてなさんのサービス・匿名で書ける日記)の当該記事の筆者さんという意味です。最初意味がわからなかったものです。アノニ・マスダ・イアリー……。

女性専用車両は差別なのか?

わたしは差別ではなく区別であるという考えです。これは結論(結果の妥当性)から考えるという思考法です。

f:id:mm-nankanoffice:20180226131753j:plain

増田さんも結論の置き場所は一緒なんです。

痴漢という犯罪がなかなか撲滅されない現在において、女性専用車両という解決には一定の合理性があり、それで救われる人が大勢いるのなら、私はそれに反対しない。 
出典:上記リンク

ここ(一定の合理性があり)を読んで、増田さんも結論はOK!許されるとおっしゃっていると読みました。増田さんも結論を全く考えないのではないのですね。

増田さんの主張


ただ増田さんは、結論として許される許されないの 「前に」 差別かどうかを判断する基準があるとおっしゃっているんですよね。

犯罪者の多くがその属性を持っていることを理由に、ある生得的な属性を持っている人の多くを公共の領域から締め出す行為は、差別だよね?
出典:上記リンク


ここでは生得的な属性というのがポイントです。

増田さんは、 自分ではどうしようもない生得的な属性を理由になんらかの不利益を課せられることを差別だよね、差別とはそういう定義だよね、とおっしゃっています。

増田さんの主張に対するわたしの考え


増田さんは、差別には定義(基準)があるよ!とおっしゃっているとわたしは読みます。結論として許される許されないの前に、差別かどうかを判断する基準(定義)を 「もつべきである」 そうしないとほかの多くの場合に許されない差別を見逃すことになってしまうとおっしゃっているんですよね?

(ここは意訳です。ただ、議論の流れは追えていると思います。増田さんが、女性専用車両は区別である論者に対して、反論をなさっているところをご確認ください)

ですので反論するならココなんでしょうね。結論から考える思考法による判断は、恣意的になりがちである(許されない差別を見逃すことにつながりやすい)という増田さんの主張。これはほんとにそうかな?と。

増田さんに対する反論


増田さんの立場(結論として許されるかの前に、定義(基準)があるという立場)ならば、差別の定義はもっと細かくならざるをえません。差別の定義が不十分です。

たとえば、生得的ではない属性(例えば信条)を理由になんらかの不利益を課せられることも差別といいうると思うのですが……ですので増田さんの差別の定義をちゃんと教えて欲しいなあ~と思いました。

 

逆に結論から考える思考法をとることの不都合は、増田さんのご指摘のとおりです。「差別」「区別」どうやって判断するの?恣意的になりませんか?という。……ただ、我々は今回は同じ結論にたどりついているんでですね~。価値判断=主観的=恣意的という定式は、再検討する必要がある……という話はまた大きい話になりそうです。

 


という議論は、こちらのP207を参考にしました。というかやっと意味がわかったような気がしてます。

司法試験徹底講義 論文合格答案の基礎(ファンダメンタル)―法曹を目指すすべての方のための法解釈の論理学

司法試験徹底講義 論文合格答案の基礎(ファンダメンタル)―法曹を目指すすべての方のための法解釈の論理学