熊本の司法書士・行政書士まつむら・まつなが事務所です 2

熊本の司法書士・行政書士まつむら・まつなが事務所です 1(https://mm-nankanoffice1.com/)も宜しくお願いします!

「できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88(できスタ)」で集客ブログサイトをつくろう!

「できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88(できスタ)」を紹介します

サイト構築指南本2冊、「のんくら本」と「できスタ」の写真

いっしょに読んでいます。

 

士業のかたで、集客のためのブログでもつくってみようかな?と思われている方に有益な情報を提供しようという気持ちで書いてみます。

住太陽氏がオススメされていた営業のスゴ本

下記のリンクは、SEOの大家(たいか)である住太陽氏のコラム記事です。ウェブ制作者にむけて、クライアントが、クライアントのお客様に行う営業がどのようなものか学びましょうという趣旨でオススメの本を5冊紹介なさっています。

これはウェブ制作を生業にしていないわたしにも、営業の勉強になるだろうということで、5冊のうち3冊を購入して読んでみました。

docodoor.co.jp

わたしが読んだのは1冊目と4冊目と5冊目です。紹介されている5冊のうち、4冊目と5冊目は、B2Cに寄っていると紹介文にあります。うちのお客様は、個人と法人とでは個人のお客様の割合が多いので、B2Cに寄っている本を先に読んでみようという目論見でした。

そのうち4冊目の本は、わたしにはピッタリの本でした。タイトルは、なんか上品ではないけど中身はとってもよいですよ。お客様の深いニーズをお客様から引き出すには、どのようなお声かけをすればよいのか?ということが丁寧に書いてありました。

できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88との共通点とは?

ここまでで、営業に関する良い本を紹介できた!ということなのですが、今回はさらに「集客のためのブログでもつくってみようかな?」と思われている方にオススメの本を紹介します。

できスタです!「できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88」です。

今回紹介する2冊の本は、その思想につながりがあるとわたしは感じました。

できスタからそのフレーズを抜き出しますと、

正解はツールではなく、顧客が知っている

出典:できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 P072「競合に勝てるキーワードの探し方」執筆:納見健吾(株式会社フリーランチ)

集客のためのブログをつくろうとするときには、特別のことを行う必要はなく、いつも自分が行っているクライアントへの対応をウェブに表現すればよいのです。 

もちろんウェブであることの特性は考慮する必要はあります。たとえば、ウェブ検索からたどりつかれた方は、キーワードを入力されています。このキーワードのもとにある深いニーズに対応する答えをウェブに表現していないならば、それはリアルではとんちんかんなやりとりをしているのと同じです。

またもちろん特別のことを行う必要はないといっても、クライアントへの対応を常にブラッシュアップするべきなのは、それはそうだとご納得いただけると思います。

わたしが「なぜか即日即断してしまう 105人連続契約の秘密」を読んで、最近意識して変えたクライアントへの対応があります。即日契約にいたらなかった飛び込みのお客様に「本日ご説明した内容をわかりやすくまとめておきますね」というお持ち帰り用のシートをお渡しするということです。

これは「できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88」では、マイクロコンバージョンという言葉で説明してあります。

マイクロコンバージョン(MTV)は、最終的なコンバージョンにいたるプロセスに設定する、小さなコンバージョンのことです。

出典:できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 P066「マイクロコンバージョンでユーザー動向を可視化する」執筆:納見健吾(株式会社フリーランチ)

できスタの納見氏のパートは、われわれのようなウェブ制作を生業としていない人にとって、リアルの世界とウェブの世界をつなぐパートになっていると読みました。

ここでわたしと同じく納見氏のパートに注目した書評記事のリンクをはっておきます。建築士さんです。わかりやすい記事で「負けた~」と思いました。

361-sabaku.com

こちらは、株式会社フリーランチさんのサイトです。代表の納見氏ができスタで手がけられたパートについて抜粋ではありますが紹介されています。こちらもご覧になってみてください。

freelanch.co.jp

共著者の紹介も上記リンクにありますね。こちらでも紹介させていただきます。

敷田憲司氏のサイト https://s-supporter.hatenablog.jp/

岡崎良徳氏のサイト https://siteaxel.com/

岸智志氏のサイト https://swh-writer.com/

またTwitterをなさっている方は、著者のみなさまをフォローすると有益な情報をゲットできると思います。

「できるところからスタートするコンテンツマーケティングの手法88(できスタ)」オススメのポイントまとめ

本のタイトルにもありますとおり、できるところからスタートする、コンテンツマーケティングの入門書という位置づけの本なのだと思います。

情報の粒度という点からみると、本当の初心者にはわからない言葉はたくさんあると思います。わたしもブログを始めたときは、ブログという言葉は知っていたいけど、オウンドメディアという言葉は知りませんでしたし、マイクロコンバージョンや、ライフタイムバリューなんて言葉は最近知りました。

ただ知っておいたほうがよいと思います。

実際のところ電話営業をかけてくるSEO業者は、施策としてなにをやってくれるのか?(そもそもそんなところには頼まないほうがいいと思いますが)じゃあサイト制作の外注をお願いしようとするとき、われわれはなにをすべきなのか?(丸投げということはありえないとわたしは理解しています)

わたしは、リアルでの営業活動をいかにウェブ制作者に伝えるか?が鍵となるのだと考えます。

そのヒントになる書籍だと思います。できスタをオススメいたします。

わかりみが深いです。